南予のトピックやニュースを
リアルタイムに情報発信します。
http://www.tabinanyo.jp



お知らせ情報 (23)
南予の情報 (43)
日記 (72)


ご当地!!大洲バーガー
絶品!!~伊方グルメ~
コメ粉きじ肉まん


2013年11月 (6)
2013年10月 (4)
2013年09月 (3)
2013年08月 (8)
2013年07月 (4)
2013年06月 (6)
2013年05月 (11)
2013年04月 (8)
2013年03月 (1)
2013年02月 (1)
2013年01月 (5)
2012年12月 (6)
2012年11月 (7)
2012年10月 (1)
2012年09月 (2)
2012年08月 (2)
2012年07月 (2)
2012年06月 (1)
2012年05月 (2)
2012年04月 (1)
2011年11月 (3)
2011年10月 (1)
2011年09月 (1)
2011年08月 (1)
2011年07月 (1)
2011年06月 (1)
2011年04月 (3)
2011年03月 (1)
2011年02月 (1)
2011年01月 (1)
2010年12月 (1)
2010年11月 (1)
2010年10月 (1)
2010年09月 (1)
2010年08月 (1)
2010年07月 (1)
2010年04月 (5)
2010年03月 (1)
2010年02月 (2)
2010年01月 (5)
2009年09月 (2)
2009年08月 (1)
2009年06月 (1)
2009年05月 (1)
2009年03月 (1)
2009年01月 (3)
2008年12月 (1)
2008年11月 (3)
2008年10月 (2)
2008年09月 (2)
2008年07月 (1)
2008年06月 (1)
2008年05月 (1)
2008年04月 (1)
2008年02月 (1)
2008年01月 (2)
2007年12月 (5)
2007年11月 (6)


ご当地!!大洲バーガー
絶品!!~伊方グルメ~
コメ粉きじ肉まん

 2008年11月21日
ご当地!!大洲バーガー

テーマ: 日記

ここ数年、全国各地でご当地バーガーが人気を博していますが、皆さん、どんなハンバーガーがお好きですか?

筆者は、南予地域では、「内子フレッシュパークからり」の『内子豚もろみ焼バーガー』と伊方町にある「まりーな亭」の『じゃこカツバーガー』しか食べたことがなく、他にもご当地バーガーが存在するなんて全く知りませんでしたが・・・。

昨日、ふとお昼に寄った大洲市の珈琲処「茶蔵(SAKURA)」http://stepcom.jp/asobi/sakura/で、ご当地バーガーを発見したんです!!

チャーシューバーガー
地元食材にこだわり、チャーシューの肉には電磁水のきれいな環境で育った「ネッカ豚」を使用。野菜はすべて大洲産で、バンズは大洲にある「トムエリーゼこばやし」で焼いているとのこと。

ふわふわの白いバンズと濃厚なチャーシューが見事にマッチしていました(^0^)

チャーシューバーガーのほかにも、ネッカ豚を使った「ロースカツバーガー」と「しょうが焼きバーガー」もありました。

今度は、「ロースカツバーガー」や「しょうが焼きバーガー」にも挑戦してみたいなぁ。

皆さんも、南予地域で、ご当地バーガーを発見したら、教えてくださいね♪♪

日々精進


 2008年11月13日
絶品!!~伊方グルメ~

テーマ: 日記

先日、伊方町に行ってきました(^0^)
伊方には、こ~んなに美味しいものがあります。

じゃこカツバーガー
宇和海で獲れたハランボのすり身に、たっぷりの野菜とスパイスを盛り込んだ特製じゃこカツを、ふっくらと焼きあがった米粉バンズに挟んだじゃこカツバーガー。
じゃこカツのために開発したという「秘伝キムソース」も大評判!!もちろん全てが手作り~♪♪
気さくなシェフが作る三崎の食を是非、ご賞味あれ~♪♪

じゃこカツバーガー単品(ポテト付)500円

http://www3.ocn.ne.jp/~marinate/

瀬戸ぐるめ生ちりめん
宇和海でその日獲れた「ちりめん」をそのまま生で食べたり、釜あげで食べたり・・・。
海のすぐそばにある工場で「ちりめん丼」「ちりめんのかき揚げ」「生ちりめんのさしみ」「お吸い物」がついての“瀬戸ちりめん三昧”が楽しめます。
タイミングが良ければ、船長とともに船に乗り込んで、ちりめん漁の見学を体験できます(^-^)

大人         1,000円
小人(中学生以下)  500円

http://www.ikw.ne.jp/kqw/web/kijima/l1.html

小トロ鍋体験
地元で盛んな小型底引き網(トロール)漁の水揚げを食材に使うため、名付けられた「小トロ鍋」。
底引き網漁は、何が捕れるのか、網を揚げるまで分かりません。
「小トロ鍋」の材料は小トロ漁の結果におまかせなので、その日の朝、漁協のトロ箱をのぞいてみるまで決まっていません。
しかし、味は毎回天下無双!
たくさんの雑魚やカニ、小エビなどの旨味が複雑にからみあった出汁は至極の味。数々の海の幸を奇跡的なバランスで調理する、地元のおばちゃん達の「神の手」に驚愕必至です!

3,000円 / 1人


日々精進


 2008年11月10日
コメ粉きじ肉まん

テーマ: 日記

熟成鬼北雉のふるさとである鬼北町に、愛媛県立北宇和高等学校があります。

そこの生徒さんたちが、きじ肉の魅力発信と地元米の消費拡大を目指し、添加物を一切使わないコメ粉100%の生地ときじ肉の旨み・コクを最大限に生かした「コメ粉きじ肉まん」を考案し、この度、平成20年10月22日(水)23日(木)に開催された「第59回日本学校農業クラブ全国大会佐賀大会」で優秀賞を受賞しました。

商品化はこれからですが、キジに魅せられた研究熱心な生徒さんの姿には圧倒されますよ。

鬼北熟成雉ブログはこちら↓
http://kiji.exblog.jp/

日々精進




プロフィールが入ります。