南予のトピックやニュースを
リアルタイムに情報発信します。
http://www.tabinanyo.jp



お知らせ情報 (23)
南予の情報 (43)
日記 (72)


「サイクルトレインにゃんよ号」その6
「サイクルトレインにゃんよ号」その5
「サイクルトレインにゃんよ号」その4
「サイクルトレインにゃんよ号」その3
「サイクルトレインにゃんよ号」その2
「サイクルトレインにゃんよ号」その1
アゴラマルシェ
冨士山公園


2013年11月 (6)
2013年10月 (4)
2013年09月 (3)
2013年08月 (8)
2013年07月 (4)
2013年06月 (6)
2013年05月 (11)
2013年04月 (8)
2013年03月 (1)
2013年02月 (1)
2013年01月 (5)
2012年12月 (6)
2012年11月 (7)
2012年10月 (1)
2012年09月 (2)
2012年08月 (2)
2012年07月 (2)
2012年06月 (1)
2012年05月 (2)
2012年04月 (1)
2011年11月 (3)
2011年10月 (1)
2011年09月 (1)
2011年08月 (1)
2011年07月 (1)
2011年06月 (1)
2011年04月 (3)
2011年03月 (1)
2011年02月 (1)
2011年01月 (1)
2010年12月 (1)
2010年11月 (1)
2010年10月 (1)
2010年09月 (1)
2010年08月 (1)
2010年07月 (1)
2010年04月 (5)
2010年03月 (1)
2010年02月 (2)
2010年01月 (5)
2009年09月 (2)
2009年08月 (1)
2009年06月 (1)
2009年05月 (1)
2009年03月 (1)
2009年01月 (3)
2008年12月 (1)
2008年11月 (3)
2008年10月 (2)
2008年09月 (2)
2008年07月 (1)
2008年06月 (1)
2008年05月 (1)
2008年04月 (1)
2008年02月 (1)
2008年01月 (2)
2007年12月 (5)
2007年11月 (6)


「サイクルトレインにゃんよ号」その6
「サイクルトレインにゃんよ号」その5
「サイクルトレインにゃんよ号」その4
「サイクルトレインにゃんよ号」その3
「サイクルトレインにゃんよ号」その2
「サイクルトレインにゃんよ号」その1
アゴラマルシェ
冨士山公園
 1  |  2  >

 2013年04月26日
「サイクルトレインにゃんよ号」その6

テーマ: 日記

その5からの続きです。

江川崎駅を目指し、四万十川に沿って、下流に向かい進みます。
長生(ながおい)沈下橋を通り、四万十川の流れを感じました。

屋形船らしき船やカヌーで遊ぶ人の姿も。

江川崎駅に到着すると、にゃんよ車掌がお出迎え

近所の子供たちと遊んでました。

そして、にゃんよ車掌が見守る中、
下りの「サイクルトレインにゃんよ号」が出発!

松丸駅→道の駅 四万十とおわ→江川崎駅
で約35kmのサイクリング。
春が深まり、若葉を感じるこの季節にふさわしい旅になりました。

皆さんも、「サイクルトレインにゃんよ号」を利用して、
四万十川サイクリングを楽しみませんか。
ゴールデンウィークは、毎日運行しています。

「サイクルトレインにゃんよ号」のチラシはこちら


南 幾三でした。


 2013年04月25日
「サイクルトレインにゃんよ号」その5

テーマ: 日記

その4からの続きです。

道の駅 四万十とおわは、
新聞で作ったバッグが有名です。

高知県の牛・豚・鳥。
美味しそうな煙にそそられますが、

結局、食べたのは、「ホットなっば」


地元の郷土料理「椎茸のたたき」をホットドッグにしたもの。
肉厚の椎茸とパンの相性が合ってました。

腹を満たした後は、再びサイクリング。
「サイクルトレインにゃんよ号」の下りが出発する江川崎駅を目指します。

続きは、その6へ

「サイクルトレインにゃんよ号」のチラシはこちら

南 幾三でした。


 2013年04月24日
「サイクルトレインにゃんよ号」その4

テーマ: 日記

その3からの続きです。


帽子パンもいいですが、
空きっ腹だったので、「四万十牛」に心惹かれました。

しばしの休憩後、再びサイクリング。
道の駅 四万十とおわを目指し、
国道381号を東へ進みます。


ところで、予土線は変わった名前が多い路線ですが、
こちらの駅は半家(はげ)駅。

さて、広見川は四万十市江川崎で四万十川本流と合流します。
江川崎から先は、四万十川らしい雄大な流れになります。

松丸駅を出発して約90分。
目的の、道の駅 四万十とおわに着きました。

続きは、その5へ

「サイクルトレインにゃんよ号」のチラシはこちら

観光物産課 南 幾三でした。


 2013年04月23日
「サイクルトレインにゃんよ号」その3

テーマ: 日記

その2からの続きです。

松丸駅で降りて、サイクリングをスタート。
高知県四万十町の、道の駅 四万十とおわを目指し、
国道381号を南下します。
ほぼ平坦か若干の下りが続きます。

さっそく目に飛び込んだ道路沿いの八重桜。
満開でした。

高知県との県境の葛川沈下橋が初めて見る沈下橋。
(一部が流されて、今は使えません。)

高知県に入ると、広見川の流れも大きくゆるやかに。

松丸から自転車を走らせること、約50分、
四万十市江川崎に入ると目についたのはパン屋でした。

店内に入ると、帽子の形をした、高知名物の帽子パン。

続きは、その4へ

「サイクルトレインにゃんよ号」のチラシはこちら

南 幾三でした。


 2013年04月22日
「サイクルトレインにゃんよ号」その2

テーマ: 日記

その1からの続きです。

道の駅みまの近くに、務田(むでん)駅があり、
にゃんよ号に乗り降りできます。

車内では、ゴムひもで自転車を固定します。

にゃんよ号はホビートレインと連結されており、
自転車を固定した後、
ホビートレインのフィギュアを楽しむことができます。

車内からは、沿線の風景も見られます。
旧三間町、鬼北町、松野町あたりは、田植えの準備中でした。

続きは、その3へ。

「サイクルトレインにゃんよ号」のチラシはこちら

南 幾三でした。



 1  |  2  >


プロフィールが入ります。