Now Loading

愛媛・南予の観光情報発信サイト:えひめいやしの南予

OPEN

NYANYO CONTENTSにゃんよ体験記

ながこう水族館は、 大洲の竜宮城!

ながこう水族館は、長浜高等学校内にある水族館です。
長浜には、昭和10年に四国初となる「長浜水族館」が誕生しました。それは長浜町を代表する町のシンボルの施設として、町民に愛される施設だったそうです。しかし、老朽化を理由に、昭和60年に取り壊されてしまいました。そこで、「自分たちの手で水族館を復活させよう!」と名乗りを上げ、町中が協力して、平成11年に町の有志たちでつくったのが「長浜まちなみ水族館」です。その中核としてできたのが、長浜高等学校自然科学部を中心にしてできた「ながこう水族館」です。

地元高校生が運営 なんと150種2000匹!

校門をくぐると一番に目に入ってくるのは、カラフルで巨大なカクレクマノミのオブジェ。そのオブジェを見ながら進むと、本物の水族館さながらの受付があります。そこには、カクレクマノミや長浜名物の赤い可動橋《長浜大橋》が描かれた素敵な法被を身にまとった自然科学部の生徒が出迎えてくれます。館内での説明や毎日の世話、それに魚の調達まで、運営はすべて生徒が中心となって活動しています。
水槽のある教室までの廊下には、過去の長浜水族館の様子が展示されていたり、魚を模した可愛い作品が飾られていたりして、魚だけではなく歴史も学ぶことができます。
教室に入ると、そこにはたくさんの水槽があります。その水槽の中には、2011年現在でなんと150種2000匹の魚が生息中。中でも一番の人気は、知名度の高いカクレクマノミだそうです。しかもこのカクレクマノミ、最初は1組のツガイだったものを、生徒が人工飼育をし、今では1000匹以上に繁殖したものなのです。その他には、地元長浜の海や肱川の生き物から西海~沖縄の海の生き物の水槽が、場所ごとに並べられています。

見る側の立場を考えて運営 水族館を通して研究や論文も

前部長の寺岡君は、「お客様に‘見せる’ということを意識しています。水槽のレイアウトは、本やテレビなどを見て勉強しています。」とお話してくれました。また、現部長の大野君も「大変なこともありますが、お客様が喜んでくれたり、コミュニケーションを直接とれたりするのが嬉しいです。」と、常に見る側の事を考えていることに驚かされます。水槽の中のレイアウトも見やすく整理されており、魚にとっても住みやすく作られています。また、毎月来てくれるお客さんが飽きないようにと、シーズンによって魚や生き物をピックアップするなどの工夫もしています。
運営している自然科学部は、1年を通して課題研究を行っており、それを論文にして学会等での発表も行っています。顧問の重松先生は「最初は興味を持ってない生徒もいますよ(笑)。しかし、活動を通してどんどん好きになっていくようです。」と話されていました。

にゃんよのつぶやき

にゃんよは、この水族館に響く心地良いギターの音色も気になったにゃ。それをその場で奏でてくださっているのは、もう1人の顧問である門田先生。目で見るだけでなく、耳でも楽しめる水族館なのにゃー。生徒が自然科学に興味を持ち、熱心に取り組むことができるのも、素敵な先生方のご指導があってのこと。目に美しく、耳に心地良く、なおかつ知識も増える。何拍子もそろった「ながこう水族館」に、ぜひ足を運んでみてにゃん。

お問い合わせ先

名称
ながこう水族館
住所
愛媛県大洲市長浜甲480-1 愛媛県立長浜高等学校
電話番号
0893-52-1251
料金

アクセスマップ

にゃんよコンテンツ

  • おでかけにゃんよ
  • にゃんよ体験記
  • にゃんよ壁紙