アーカイブ

2013年11月 (2)
2013年10月 (4)
2013年09月 (4)
2013年08月 (4)
2013年07月 (5)
2013年06月 (4)
2013年05月 (6)
2013年04月 (5)
2013年03月 (6)
2013年02月 (3)
2013年01月 (2)
2012年12月 (2)
2012年11月 (4)
2012年10月 (21)
2012年09月 (24)
2012年08月 (26)
2012年07月 (29)
2012年06月 (21)
2012年05月 (19)
2012年04月 (8)
2012年03月 (27)
2012年02月 (28)
2012年01月 (36)
2011年12月 (40)
2011年11月 (38)
2011年10月 (20)
2011年09月 (18)
2011年08月 (18)
2011年07月 (22)
2011年06月 (23)
2011年05月 (26)
2011年04月 (3)
2011年03月 (12)
2011年02月 (30)
2011年01月 (20)
2010年12月 (16)
2010年11月 (21)
2010年10月 (25)
2010年09月 (21)

最近の記事一覧

11月22日・23日・24日の間の愛育フィッシュPRイベントの活動報告だにゃん!
にゃんよの新しいお仕事!「愛育フィッシュPRキャラバン隊」を紹介するにゃん!
10月26日・27日サイクルトレインにゃんよ号PR活動報告にゃん♪
10月18日~10月24日までのサイクルトレインにゃんよ号PR活動報告にゃん(^ω^)/
10月10日~14日までのサイクルトレインにゃんよ号PR活動報告だにゃん♪
10月4日~6日までのサイクルトレインにゃんよ号PR活動報告だにゃん♪
9月20日~29日までのサイクルトレインにゃんよ号PR活動報告だにゃん♪
9月12日~19日までのサイクルトレインにゃんよ号PR活動報告にゃん~♪
9月5日~9月8日までのサイクルトレインにゃんよ号PR活動報告だにゃん~♪♪
8月29日〜9月1日までのサイクルトレインにゃんよ号PR活動報告だにゃん★

« ♪01月26日(木)から01月28日(土)のにゃんよのスケジュール♪ | メイン | プレいやし博レポートNo.40 道の駅 日吉夢産地 (鬼北町) »

プレいやし博レポートNo.39 鬼北町庁舎

《いやし隊。のレポート》


鬼北町庁舎を見たことがありますか?
 いやし博の開催地の一つ、鬼北町の中枢である役場なのですが・・・

チェコ出身の建築家「アントニン・レーモンド」が設立した㈱レーモンド建築設計事務所により設計され、今から53年前の昭和33年12月に、旧広見町庁舎として完成した建物です。



 また、議場の屋根はHPシェル(双曲放物面)と言われる珍しい構造で、壁面上部に円形の色つきガラスがはめ込まれています。

建設当初から「町村の庁舎としては四国随一」と言われるほど注目されました。



この庁舎は、「(社)日本建築学会四国支部」が組織した「鬼北町庁舎再生検討委員会」の報告ではレーモンドの建築観や近代建築の教義に則った建物であり、1950年代の日本の近代建築の好例として、またレーモンドらしさを良く示した建築として、 “建築史的価値”が極めて高いと評価を受けており、本年2月頃には登録有形文化財に正式登録される見込みとなっています。


お話を伺った芝田正文副町長によると
「そこの風土に溶け込み、新しい風土、風景を作りだす、地域にあった建物はどういう物か考えて、この庁舎は造られていて、飾り気のないシンプルな中にも気品がある。見て頂ければ分かると思います。」とのこと
また、最後に言われた
「良いものは、ハードでもソフトでも、残す努力をしていかなくては」
という言葉に感銘を受けました。

議会が開催されてないときは、議場は開放されており、一般の方でも見学することができます。
みなさんもこの機会に、是非この素晴らしい建築物にふれてみてはいかがでしょうか。


<お問い合わせ先>
鬼北町役場
 住所 〒798-1395 北宇和郡鬼北町大字近永800-1
 電話 0895-45-1111 FAX 0895-45-1119

プロフィール